2017年03月28日

ボートレース江戸川準優1号艇の市川選手(10R)・石渡選手(11R)・湯川選手(12R)はともに譲らず、3者全員が逃げ切って1着でクリア。

中学3年分の数学が面白いほど解ける65のルール [ 平山雅康 ]


中学で習う文章題が3分で解ける本 [ 平山雅康 ]

【競艇】1ヶ月10万円以上のお小遣いが稼げる予想!!

回収率UP!2連単 2点予想 3連複 2点予想166%です!回収率がすごい!
【競艇】1ヶ月10万円以上のお小遣いが稼げる予想!!


ボートレース江戸川

━━━━━━━━━━━━
★優勝戦(3/29)の枠順
━━━━━━━━━━━━
■12R/電投締切予定16:39

1号艇:湯川浩司(A1・大阪)★
2号艇:石渡鉄兵(A1・東京)★
3号艇:市川哲也(A1・広島)★
4号艇:岡崎恭裕(A1・福岡)★
5号艇:東本勝利(A1・三重)
6号艇:上平真二(A1・広島)





本日行われた3つの準優勝戦の結果、上記の6名が堂々のファイナル進出を果たしています。

準優1号艇の市川選手(10R)・石渡選手(11R)・湯川選手(12R)はともに譲らず、3者全員が逃げ切って1着でクリア。よって、得点率トップだった湯川選手が、V戦のポールポジション(1号艇)を獲得しています!

これにより、当地G1戦「V3」の湯川選手を筆頭に、石渡選手・市川選手という、

当地特別戦(G2戦以上)のタイトルホルダーである3選手が、スロー枠を占拠する優勝戦となりました。

一方、ダッシュ枠の3名は、いずれも“G1戦初V”を目指す戦いとなります。なお、4枠の岡崎選手は既にSGタイトルを獲得していますが、
ここも自慢の「伸び」が生かせるカド位置から一発を狙っています!

優勝戦に出場する各選手が、近年の当地において(それぞれが出走するコースで)何回上位の着順に入っているのかを「勝率」や「連対率」とともに集計してみましたので、参考までにご覧ください。

↓↓↓
━━━━━━━━━━━
★優勝戦メンバーの
 当地コース別成績★
━━━━━━━━━━━

※以下のデータ抽出は、過去3年(2014年3月以降)に実施された当地でのレースを対象としています。

■1号艇:湯川浩司
↓↓
※当地1コース【近5走】
1着= 4回(勝 率80.0%)
2着= 0回(2連率80.0%)
3着= 1回(3連率100%)

■2号艇:石渡鉄兵
↓↓
※当地2コース【近21走】
1着=6回(勝 率28.6%)
2着=7回(2連率61.9%)
3着=4回(3連率81.0%)

■3号艇:市川哲也
↓↓
※当地3コース【近10走】
1着=5回(勝 率50.0%)
2着=2回(2連率70.0%)
3着=1回(3連率80.0%)

■4号艇:岡崎恭裕
↓↓
※当地4コース【近4走】
1着=1回(勝 率25.0%)
2着=0回(2連率25.0%)
3着=0回(3連率25.0%)

■5号艇:東本勝利
↓↓
※当地5コース【近13走】
1着=2回(勝 率15.4%)
2着=3回(2連率38.5%)
3着=1回(3連率46.2%)

■6号艇:上平真二
↓↓
※当地6コース【近4走】
1着=0回(勝 率00.0%)
2着=0回(2連率00.0%)
3着=1回(3連率16.7%)



1号艇の湯川選手は、過去3年における当地イン戦で勝率「80.0%」と信頼度は高く、しっかりと人気に応える走りを見せています。

一方、前回1月の「新春金盃」を2コースからの「差し」でVを飾った石渡選手は、2コース勝率は低め(28.6%)ですが、3連対率は「81.0%」と高く、やはり舟券からは外せぬ存在でしょう。

そして、“一発候補”として挙げたいのは市川選手です。当地3コースからの勝率は「50.0%」と高く、思い切りのいい「S」と「ターン」に注目したいところです!

人気ブログランキングへ

投資に最低必要な数学センスはこの本のシリーズが1番です!無知では勝てませんね!

posted by 運源 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ボートレース江戸川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする