2017年10月26日

ボートレース江戸川本日より6日間の“2準優制”による

人気ブログランキングへ

【競艇】1ヶ月10万円以上のお小遣いが稼げる予想!!


 


 




中学3年分の数学が面白いほど解ける65のルール [ 平山雅康 ]


 




ボートレース江戸川
本日より6日間の“2準優制”による

「第18回日本財団会長杯」の開催がスタート



専属記者の勝負レース!

━━━━━━━━━━━
≪12R/江戸川選抜≫16:19

(上げ潮:弱い)

1号艇:山下和彦
2号艇:山口裕二
3号艇:大場 敏
4号艇:郷原章平
5号艇:星 栄爾
6号艇:丹下 将

前検一番時計(泉啓文と同タイム)を叩き出した山下は、
早くもパワー超抜の26号機らしい伸び気配。

ここはインS同体なら、逃げ圧勝が有力で、単不動の一番だ!
相手は差す山口と、カド機敏に運ぶ郷原の2者へ。

【2連単】
1−2 1−4 

1−2−4 1−4−2 1−2−3 1−3−2 1−2−6





今シリーズは“2準優制”で争われる「第18回日本財団会長杯」の6日間開催。
級別審査の締め切り(10月31日)が目前に迫っており、
「A1級」と「A2級」の勝負駆けの選手にとっては、
気合パンパンで臨む一節となる。

昨日の前検日は若干強めにホーム「向かい風」が吹いたが、
順目の「下げ潮」ということで、好コンディションの下、「航走検査」と「S練習」が行われた。

山下和彦(26号)と、伏兵級の泉啓文(17号)の2人が、前検一番時計(6.45)を叩き出した!

「(足は)分が良かった。ペラも悪くないし、レースに集中できそうだね!」と手応えを実感していたのは山下で、過去を振り返っても、この「26号機」を“真のエース機”に推す選手は実に多い。

本日の初日は、12Rの「江戸川選抜」に1号艇(※1回乗り)で登場するが、
ここは“頭不動”の一戦と言えるし、通算「5V」と実績満点の当地で、
「優勝」だけを目指す6日間になりそうだ。




「ボートレースで儲けるためのルール」


 


 


 


楽天市場 「ボートレースで儲けるためのルール」

人気ブログランキングへ



投資に最低必要な数学センスはこの本のシリーズが1番です!無知では勝てませんね!


 


 


 


 













posted by 運源 at 10:46| Comment(0) | ボートレース江戸川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。