2017年12月24日

パワー急上昇の石野貴之も4年連続のファイナルである。

いよいよクライマックス、頂点の戦いが始まる。
堂々の得点トップは桐生順平。去年は5着だったが、

今年はすべてのピースが揃い、賞金王というビッグなパズルが完成に近づいている。

強敵はこの大舞台で3走とも0台のSを決めている井口佳典か。

それとも沈着冷静な峰竜太か。

さらにパワー急上昇の石野貴之も4年連続のファイナルである。

今年もグランプリにふさわしい役者が揃い、心躍る決定戦となった。


12Rグランプリ優勝戦」出走表■

電投締切/16:34

[1]桐生 順平 A1
[2]井口 佳典 A1
[3]峰  竜太 A1
[4]石野 貴之 A1
[5]毒島  誠 A1
[6]菊地 孝平 A1
※[ ]は枠番です。

桐生が大きな流れに乗っている。この組み合わせは3対3の進入になりそうで、
Aコース井口を壁にしてしっかり逃げそう。
その井口は強気の攻めで峰に差し場。

1−4 4−1 4−5 5−6 1−3



posted by 運源 at 15:21| Comment(0) | ボートレース住之江 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。